保冷剤の上手な使い方と注意

保冷剤の上手な使い方と注意

日本の夏は年々暑さを増し、現在では連日30度を超える日が続くことも珍しくはありません。そんな時に大活躍するのが保冷剤です。



主に食品の腐敗を防ぐために利用され、物体を冷やすのではなく低温に保つための薬剤です。

常温のままだと効果がないので、使用する前に冷凍庫で十分に凍らせてから使います。
保冷剤のメリットは、一度使用して温まってしまっても、再度冷凍庫に入れて冷やすだけで何回でも繰り返し使うことができることです。
氷を入れ替えなければならない氷枕や、1回使ったら無くなってしまうドライアイスに比べて経済的にもすぐれています。
保冷時間は使用状況や環境によって大きく変わってきます。

このOKWaveの情報が欲しい方必見です

ですから保冷剤を有効に使うためには、ちょっとしたコツが必要です。
例えば夏場のバーベキューなどでクーラーボックスを利用する際には、底と1番上に保冷剤を置きます。
クーラーボックスの中身が温まってしまう原因は、開閉時に上から暖かい外気が入ってくることです。

温度履歴について詳しく書かれています。

ですから肉や魚などの生ものや食材をサンドイッチ状態で挟みこんでしまえばよいのです。

そして1番上を保冷シートや発泡スチロールで覆えば更に安心です。


保冷剤使用の際の最大の注意事項は、小さい子どもの手の届くところに置かないようにすることです。
中身に使用されている薬剤を誤飲してしまうと中毒になることがあります。


万が一誤って飲んでしまった場合は、水か牛乳を飲ませて吐かせ、すぐに病院に連れて行くようにしてください。

  • 大事な生活の事

    • 定温輸送とは物流業界で使われている用語で、文字通り一定の温度を保ちながら物品を目的地まで運ぶことを意味します。もともと、定温輸送は生鮮食品や冷凍食品、冷蔵食品などの鮮度を落とすことなく、消費者の元へと届けるために始まった輸送方法です。...

      detail
  • 読めば解る

    • 日本経済を支えていると言っても過言ではない物流ですが、最近はより新鮮な物を迅速且つ確実に全国何処へでも届ける事が求められています。自動車部品などは機械類は温度管理も関係なくトラックで輸送できるのですが、食品や医薬品の場合はあまり温度変化が激しいと品質が低下してしまい、販売出来なくなってしまうのです。...

      detail
  • わかりやすい情報

    • 輸送する品によっては、温度によって品質が変化してしまうことがあり、温度管理が必要となります。冷凍輸送や冷蔵輸送などは広く知られていますが、温度管理輸送には様々な種類が存在しています。...

      detail
  • 最新情報

    • 正常な物流を行うためには、定温輸送が必須といえます。冷蔵や冷凍の輸送というものは、広く知られていますが、これだけではニーズに応えきることができません。...

      detail